IPOとは?競技とは?

始めにIPOとは、Initial Public Offeringの略語で、具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることです。
そして、IPO株投資とは、新規上場するときに投資家に配られる「株を買う権利」を抽選で手に入れ、上場日のはじめに付く株価(初値)で株を売ることで利益が出すことです。
IPO株の買い方の流れを簡単に説明すると、証券口座を作る。IPO株の情報を集める。最後に抽選を受けてIPO株を売る流れになります。
まず、証券口座とは証券会社の中に銀行口座を開設するようなものです。開設した証券口座にお金を入れておくと、そのお金で株式投資や投資信託を買うことができます。銀行口座では株式投資はできないので証券口座を開く必要があります。IPO株の配分がある証券会社に口座を作ると良いでしょう。
次に、株の情報を集めます。情報の入手先は、主に東京証券取引所です。
購入しようとしている企業の株が上昇するか調べます。初値上昇する期待値が高いのは、高成長企業であることです。
そして競技する会社が少ないことです。競技する会社が少ないほどその株に価値が生まれるので初値も上昇します。
最後に抽選を受けてIPO株を売ります。
申し込み期間にやることは、証券会社にログインをして、新規公開株のページから、目論見書をチェックして、申込ボタンをクリックするだけです。証券会社のホームページに書いてある通りに進めてください。ただ、当たったときに必要なお金をあらかじめ入れておかないと抽選を受けられないところが多いので入金を忘れないでください。
申し込み期間が終わると、抽選日がやってきます。 当選した場合は必ず、購入期間のうちに、購入の意思表示をしてください。
そして、上場日に売却をして利益を確定させましょう。 
皆さんも競技を読み抜き、IPO株で資金を増やしてみてはいかがですか?

ページトップへ