現在のIPOに対する認識と認識整理

株式市場の活性化は、経済を底上げするために必要なことです。入社することに限らずに、起業という形で雇用を生み出すことも立派な社会貢献です。起業して間もない頃は、いつ倒産してもおかしくないほど足元が不安定です。ですが企業も、業績が上向いていけば次第に、次なる目標へと向いてきます。上場です。これは、創業者のみならず一般投資家にも魅力ある出来事になります。IPOという言葉をご存じですか。IPOとは、未上場の企業が証券市場に上場する前に、株の一部を投資家にも売買できる制度のことです。現在、この制度で知名度を上げるベンチャー企業も多く、最近ではスマートフォンアプリで名を馳せた企業が注目を浴びていました。この制度で、知名度の上昇を果たすと共に、資金調達の場としても話題をよんでいます。上場前に購入しておいた株価が、いきなり10倍もの高値をつけた場合もあります。ただし、名の知られていない企業の登場が一過性のブームを呼んだだけで終わる場合もあります。その場合、購入した株価の値崩れが起こる場合があります。一旦ここで整理すると、投資目的での購入の場合リターンはあまり得られないことがあり得ます。仮に、注目株でも抽選漏れにより機会を逃すことがあるからです。反対に、長期での運用目的ならば、ある程度の損失は覚悟の上で、購入できます。現在では低い値がついた企業でも、もしかしたら5年後情勢の変化で高値がつく場合があるかです。ベンチャー企業の台頭は、世の中を大きく変えていく活性剤でもあります。その反面、業績不振から証券会社から整理銘柄の指定により、上場取り消しが起こりえます。現在、日本のベンチャー設立は、5%を下回る割合です。ですが、その中からも有望な企業が少しずつ出てきています。IPOのみならず、積極的な起業家支援は、突然の整理解雇にも対応できる力を養う良い機会です。

ページトップへ